診療科・部門紹介

  • HOME
  • バスキュラーアクセスセンター

バスキュラーアクセスセンター

センター長 桃仁会病院 副院長 佐藤 暢

身近できめ細やかなVA治療

透析治療はここ十数年で格段の進歩を遂げ、腎臓が悪くなっても透析を受けながら長生きできるようになりました。ただ、何十年も透析を受けるということはシャントを長期間使用することになるため、良好なシャントを維持することが透析患者さまにとって必要不可欠となってきています。

当院は昭和49年から透析治療を開始し、京都府下最大の透析施設となった現在に至るまでシャント治療に最大限の努力を払ってまいりました。できるだけ多くの透析患者さまにシャント治療を専門とする医師の診察・治療を受けていただけるよう当院ではバスキュラーアクセスセンターを設けております。

患者さまごとに血管の状況は全く違いますし、通っておられる透析施設ごとに環境も異なります。そのため私たちはシャント治療をテーラーメード化し、患者さま一人一人に対して最適な治療を提供していきたいと思っております。また、手術後も定期的な診察を通じて皆様のシャントかかりつけ医になっていきたいと考えております。全ての透析患者さまに身近できめ細やかなシャント治療をお届けするべく職員一同力を尽くす所存です。

センター長 桃仁会病院 副院長 佐藤 暢

治療方針

実際に治療に携わる専門医が手術もPTAも行います

当院のVA治療担当医は全員が直接透析に携わる透析専門医です。
そのため、VAの作成にあたっては実際にVAを使用する方の立場になって、使いやすいVAを第一に考えて治療いたします。
また、AVF、AVG、血管表在化、長期型カテーテルなどあらゆる種類のVAに精通しているだけでなく、PTAも自分たちで行いますので、それぞれの症例に応じて最適な治療方法を選択いたします。

透析専門病院だから、シャントも術後も安心!

当院には入院設備がありますので、手術後入院が必要な患者さまについても対応可能です。周術期だけでなく手術後も定期受診をしていただき、VAかかりつけ医となっていきたいと考えておりますが、患者さまの利便性やご希望も踏まえて相談させていただきます。

入院設備

外来受診方法

連絡先(医療福祉・地域連携室)

当医療福祉・地域連携室にお電話ください。受診日時・送迎の調整をさせていただきます。

TEL:075-622-2136(直通)

FAX:075-622-2137(直通)

受付時間:
AM 9:00~PM 5:00

バスキュラーアクセス外来申込票

「バスキュラーアクセス外来申込票」に記載の上、事前にFAXをいただきますと受診当日の診療がスムースに行えますのでご協力ください。

※FAXの受付は24時間対応しています。
平日と土曜午後5時以降および日祝日に送付頂いた
診察申込票につきましては、翌診療日の返信となります。

バスキュラーアクセス外来申込票
バスキュラーアクセス外来申込票

外来診察時間

曜日 時間 担当医
火曜日
(第1・2)
PM 2:00 ~
PM 4:00
橋 本
火曜日
(第3・4・5)
PM 2:00 ~
PM 4:00
長 嶋
金曜日 AM 9:30 ~
AM 11:30
佐 藤

※火曜午後と金曜午前に予約制で行っておりますが、お急ぎの症例につきましては、上記時間外でも月曜~土曜まで随時対応しておりますので、お気軽にご連絡ください。

治療実績

2017年度の治療実績

治療内容 件数
AVF 119
AVG 46
血流抑制術 15
血管結紮術 1
血栓除去術 33
血管表在化術 12
血管形成術 2
グラフト抜去術 8
PTA 358
その他 14
総計 608

バスキュラーアクセスセンタースタッフ

院長 : 橋本 哲也

  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 評議員

副院長・センター長 : 佐藤 暢

  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 評議員
  • 日本腎不全外科研究会世話人
  • 日本透析クリアランスギャップ研究会幹事

長嶋 隆夫

  • 日本泌尿器科学会 専門医
  • 日本透析医学会 専門医

北村 悠樹

  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 移植認定医
  • がん治療認定医

渡邊 慶太郎

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本プライマリ・ケア認定医