病院紹介

  • HOME
  • 院長ご挨拶

院長ご挨拶

桃仁会病院 院長 佐藤 暢
桃仁会病院
院長 佐藤 暢

患者さんの日常生活を
より充実したものにするために

当院は「腎不全で命を落とす患者さんをなくしたい」という強い信念をもってこの桃山の地に昭和49年に開設されました。それ以降、京都府最大の透析治療施設として血液透析医療を中心とした腎不全治療を担ってまいりました。

透析医療の進歩により腎不全は致死的な病ではなくなりましたが、現在でも根治は不可能であり透析の継続もしくは腎移植が必要不可欠です。私は開設初期の信念を受け継ぎながら、より幸福度とQOLの高い日常生活を患者さんに送っていただけるようサポートしていきたいと考えています。そのために提供する透析医療は、世界最先端と言われる日本国内でも最高レベルのものを整えているだけでなく、できるだけ皆さまが過ごしやすい治療環境を提供するべく力を尽くしております。

一度、当院に来ていただければ院内の明るさに驚かれると思います。光があふれる環境と穏やかな色彩の内装、そして思いやりと笑顔にあふれたスタッフに「癒しとくつろぎ」を感じていただけるのではないでしょうか。

また、透析患者さんに起きやすい合併症についてはできるだけ当院で診療できる診療体制を作るとともに、高度な治療が必要な場合には基幹病院さまとしっかり連携をとって迅速に対応しております。そのための方策として当院では主治医制をとっています。透析施設で主治医制をとっている施設は全国的に少数派ですが、担当主治医がいることで皆様が身体状況の変化を気軽に相談できますし、その異常にいち早く気づき適切な治療を提供できるのではないかと思っております。また、高齢となった透析患者さんも多くいらっしゃいますので、医療だけでなく福祉・介護部門を充実させて皆さまの生活のサポートにも注力しています。お困りの時にはぜひご相談ください。