診療科・部門紹介

  • HOME
  • 循環器内科

循環器内科

透析患者さまを含む腎不全の方の約1/3~1/2に、心臓を栄養している冠動脈の狭窄・閉塞などの心臓の病気があるとされています。 また、大動脈弁狭窄などの心臓弁膜症も透析患者さまに増えています。心臓の病気は、はやく見つけて、はやく治療する、が一番重要となります。 腎不全になられましたら、一度循環器の検査を受けておく必要があります。 当院では、最新型の心エコー、心筋シンチグラフィ、24時間心電図・血圧記録などの侵襲、負担の少ない検査を駆使して、透析患者さまの心臓の病気を早期に診断することに努めています。

特に、当院で施行している心筋血流・脂肪酸代謝心筋シンチグラフィは、何の苦痛もなく、安静時の検査のみで心臓の状態を評価できる優れた検査です。 心臓カテーテル検査や治療、冠動脈バイパス・弁膜症手術などについては、京都第二赤十字病院を始め、京都第一赤十字病院、京都府立医科大学付属病院、滋賀医科大学付属病院などと提携して施行していただいております。

担当医

有原 正泰

出身校 京都府立医科大学(平成9年卒)
専門分野 日本救急医学会専門医